心を汲むということ

  • 2017.03.11 Saturday
  • 15:14

先週、ラジオで福山さんが言ってました。
うろ覚えだけど。

元彼が家に来るのを拒めない…というリスナーの悩みに対して。


「オーレも行きたーーーい!
(笑)

まぁ真面目に答えますとね、
そりゃあね、倫理的、道徳的には、別れたほうがいいに決まってますよ。
別れて新しい彼を探すとかが正しいですよ。

でもね、

みんながみんなそうだったら、なんのドラマも音楽も生まれないわけですよ。
タラレバは生まれないわけですよ。
だからぁ…

タラレバ娘、見て?」

by福山さん


まぁそのドラマは私は残念ながら見てないんですが(笑)


そう、そうなんだよね。そうなんですよね。

これが正しいというものは、確かにあるかもしれない。
でも、みんながみんな間違わずにいられるだろうか。

むしろ、みんながみんな正しいことしかしなかったら、
確かになんのドラマも感動も生まれない。


正しくさせる必要って、あるだろうか。

教えは、私に、自分自身だけに、向けるものだ。

相手を、周りを、誰かを、正す必要なんて、あるだろうか。

私は、正すよりも称えたい。

すごいね、って。
ここが素敵だ、って。

正しいとか間違ってるとかなんて、とりあえず重要ではない。

まずその心を汲みたいんです。
今を、現状を、その人を、ありのままを、受け入れて「そっか」と言いたいんです。

そうだったのね。
それはつらいね。
よく頑張ったね。
ここが素晴らしいね。
あなただからこそできるのね。

そんな言葉を言いたいのですよ私は。

心を汲む。
想いを汲む。
気持ちを汲む。

その行動が正しいか間違ってるかはひとまず置いて、そうすることを選んだ想いを汲みたい。

言葉が事実か嘘かを追及するより、嘘をついてまで何かを求めたその心を汲みたい。

それだけで、人は救われることがある。


福山さんから大事なことを教わりました。
感謝です。
 

コメント
コメントする








    

calendar

S M T W T F S
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30      
<< September 2018 >>

selected entries

categories

archives

recommend

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM