目に見えない存在を確かに感じる時ってこういう時

  • 2017.03.26 Sunday
  • 17:47

神さまとか仏さまとは、
目に見えない存在というよりも、

目に見えない「はたらき」なんですね。



何から話せばいいのか。

なかなか書けなかったんだけど、このまえ職場の仲間のSさんが入院した事件がありました。

そして今日が退院後初の一緒のシフト。

Sさん、ちょっと痩せたなぁ。
一体何がどうして入院だったのか聞いたら、

お腹の激しい痛みで動けなくて救急車を呼んだのだけど、
あれこれ検査をしても特に悪いところがなく、
何だったのかわからないのだという。

私、鳥肌が立ちました…。
こういうのをまさに「仏さまが動いた」って表現するんだな…。
初めてじゃないけれども、体験するとほんと鳥肌モノの感動ですよ…!

Sさんの入院は、やっぱり私が成長するために用意されたものだったんだと確信してしまいました。


そもそも、もともと店長とSさんと私の3人で回していた店に、
半年前に新しいバイト君が入ったところから、変化は始まっていたのかも。

色々あって店長のやる気がすんごい低下してしまっていて、
Sさんと私(いや、主にSさん)の仕事が大変で大変でよく嘆いていた日々…。

店長がある時からダーツバーで知り合った男の子と仲良くなったらしく、
(あ、そのダーツバーに誘われたところから変化は始まってたのかも)

その男の子が去年の10月にうちの店でバイトとして働くことになり、
どんな影響があったのかは知りませんが、店長のやる気がアップ!
ついでに私も、負けず嫌い魂にちょっと火がついてちょっとやる気がアップ。

しかしSさんと私は仕事をぐっと減らされ、お給料がダウン。
しかもそのバイトくんがいつまでいるかわからないなどという。

こんな店もう辞めようと私もSさんも何度も考えてきたけど、
転職するか、他の仕事と掛け持ちするかの選択を迫られた独身のSさんは、掛け持ちすることを選んだ。

私は迷ったものの、旦那さんが稼いでくださるおかげでしばらくは様子を見る余裕があったので、まだ動かないことにした。

バイトくんの恩恵は店長のやる気アップだけでなく、私が年末年始を休めるという特典もあった。
連休をいただけたりもした。
私のライバル心を芽生えさせてくれたりもして、バイトくんはとてもありがたい存在となった。

そんな半年を過ごしてきて今月、バイトくんは就職が決まった。
しばらくフラフラしてた感じだった彼は、旅館へと就職した。
「どの仕事をやりたいか」と聞かれ「なんでもやる」と答えたナイスな彼は、
今月の15日でうちの店を辞めた。

様子を見てた私は、ああやっぱりこの3人になるのね…と半ば諦めのような納得したような感情になった。
しかもSさんが仕事を掛け持ちしている分、状況はバイトくんが入る前よりもキツイのだ。

16日の夜にイチとアユに会った私は、
「もうわかった!いいよ!これまであの店を辞めるかどうかずっと考えて迷ってきたけど、もう考えるのやめた!私はあの店に骨を埋めるよ!」
と宣言した。

翌、17日の朝に私の携帯が鳴る。
「Sさんが救急車で運ばれて入院した」
えええええええ。

昨夜あんな宣言したからって、こんなにすぐに試されるんですかの状態の私。

この日は休みだったのだけど、とりあえず出勤。
旦那さんから「夜は(仕事に)出るな」と釘をさしていただいたのだけど、
よりによって今夜は宴会が入ってる。
結局、旦那さんに謝って1日働いた。

しかし翌日からの18、19、20日は三連休…!
よりによってもよりによりすぎじゃないのってくらいの状況。

もともと3人でもギリギリかキツイ仕事量を2人で回すことになるわけで正直めちゃつらい。

どうする私。
もし私が出なくても店長は一人でも絶対に営業する。
何より恩がたくさんあるSさんの入院となれば、私はできる限りのことをしたいと思った。

だけど旦那は反対中。
最初は、仲間が入院したっていうのに冷たくない?と思ったが、違うのだ。

旦那が反対するのは、Sさんが入院したとなれば、私が店を心配してSさんの分までバリバリ働くことを選ぶ人間であることを、わかっているからだ。

だから旦那は、まっさきに子供達を心配してくれた。
私が仕事仕事で家庭を蔑ろにしがちだから、ブレーキをかけてくれたのだ。

本当にその通りなんだ。
私は困っている方を助けに行く。今回はきっと仕事を選ぶ。そして怒るだろう旦那に頭を下げることが私の修行だと考える。

しかし、人助けのために我が子を犠牲にするのか…?

私は、子供たちに相談した。

すると、みんな健気に立派に
次男「助けてあげたら?」
長男「やるなら最後までやるべきだ」
長女「あたしは全然平気」
と言ってくれるじゃないか…!

それでも迷いを拭いきれない私は、いつも相談にのってくれる義姉に電話したが、この日に限って繋がらない。

そこで昨夜も会ったイチとアユにメールで相談した。
そこで二人がくれた返答が素晴らしかった…!

私がいつも「相手の気持ちを汲みたい」と目標にしている、まさにその姿がそこにあった。

「凄く葛藤してるね。もう答えが出てる気がする。背中を押してくれって感じ。昨夜も言ってたけど、これだけ葛藤して出した答えは今のベストじゃないかな」
「子供たちスゲーね!そんな風に言ってくれた子たちを大切にね♪」
と。

なんか涙が出た。
このふたり、長い付き合いだけど、こんなに素晴らしかったのか…!

(ちなみに前夜に「人間、真剣に考えて出した答えは、そんなに真理から外れていないものだ」と読んだ、と私が話していた。まさにそれだろ!とアユが言ってくれた)

意を決した。

私は19日に友人の結婚祝いに行く予定だった。
仕事の状況を説明して、お祝いに行けないことを伝えると、友人が私を心配してくれた。
優しさがありがたくて、
「私は大丈夫!困難のたびに限界は更新される」
と伝えたら、友人が感動してくれて嬉しかった。

そして覚悟が決まった。
やるからには、疲れたとか痛いとかもう嫌だとかの、泣き言は一切言わないと決めた。

そうして挑んだ三連休。
18日は普通の忙しさだった。
19日は辞めたばかりのバイトくんが急遽来てくれた。
おかげで夜は休ませてもらえてすごく助かった。

20日の春分の日は、この4年間で私が味わった中でもトップクラスの売り上げだった…!
だから本当に、よりによりまくりだってばよ…!

だけど覚悟を決めた人間は、強いんだなと実感した。
アドレナリンだかドーパミンだかがたくさん出たのか、過酷な状況でも耐えられた。
ようやく昼食を取れたのが夜の9時とかなのに、まだ頑張れる気がしたくらい。

しかしあまりに苦しかった店長は、明日(火曜日)は店を休業するとやっと決意した。
年に何回も休業しないで仕事しまくる店長が、ようやく休む。
追い込まれて逆に良かったと思ったほどだ。

そして私はこの三連休で、Sさんのありがたみをむちゃくちゃ感じていた。

いつもいつも、「店長はSさんに甘えすぎ!頼りすぎ!いっそSさんが入院でもすればSさんのありがたみがわかるだろうに」と思っていた私。

実際にSさんが入院したら、Sさんのありがたみを思い知ったのは私だった。
私こそたくさんSさんに甘えていた。どれほどSさんに支えられていたのか、身に染みたのは私だった…。

Sさんが入院したことで、Sさんに想像以上に支えられていたことに気付き、Sさんへ感謝が沸いた。

珍しく義姉と電話が繋がらなかったことで、イチとアユの素晴らしさを知れて心から尊敬した。

子供たちと旦那の素晴らしさを再認識し、本当に私を理解して支えてくれていることを再認識し、心から愛しくて、ありがたいと思った。

追い込まれたことで覚悟が決まり、仕事への姿勢が変わった。
どこか「この店を手伝っている」という感覚があった私は、
「私がやる。私が支える。私の仕事だ」という感覚になれた。
つまり成長した。


たくさんの素晴らしさに気付いて、たくさん感謝したくなって、私自身も成長させてくれた。
それが今回のSさんの入院騒動だった。

その入院の原因が「どこも異常がなかった」だなんて、まさに本当に、そのためにSさんを入院させてくださったようなものじゃないか…!

しかも、しかも、
入院してすぐにSさんは、掛け持ちしていた別の仕事をスパッと辞めた。
そしたら、そっちは翌日には新しいスタッフが入ったという。
す、すごすぎる…!

誰も困らないように、それでいて誰もがちょっとずつ成長して、元通りの状況へ帰された。
これを「おはからい」と言わずなんと言うのか。

半年前と同じ状況に戻った。
だけど半年前より確実に皆レベルアップしてる。

そんなこと他の誰も思ってないかもしれない。
だけど私は感動してたまらない。
Sさんにも、いつもありがとうと母の日みたいな感謝を伝えました。


仏教で心を磨くうちに、「感度」が本当に上がったらしいのですよ。
昔の私なら、この出来事もただの偶然か、「へ〜うまくできてるもんだな〜」と思って終わりだったと思う。

感度が上がるととにかく感動するんですね…!
昨日も娘の吹奏楽コンサートを聴きに行ったら、純粋な演奏に号泣してしまったほどで(笑)

ほんとすぐ感動して涙が出るようになった。
そのたびに更に心が洗われるようで。
だから日々のささいなことが、幸せでたまらなくなるんですね…!



Sさんが言ってた。
入院したときに店長が
「とにかく治療に専念しろ。こっちのことは一切気にするな。」
と言ったという。
おお、ちゃんと男らしいとこあるんじゃないか…!←

きっとSさんが入院したことで一番動揺したのは、この人なんじゃないでしょうか。
いなくなってみて初めて気付く大切さ、みたいな。

まだなのかなぁ〜♪
どうなのかなぁ〜♪
と内心ニヤニヤしながらSさんと店長を眺めている私です。笑


コメント
コメントする








    

calendar

S M T W T F S
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031    
<< July 2018 >>

selected entries

categories

archives

recommend

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM