布施に優劣はない

  • 2017.04.01 Saturday
  • 21:01
昨日店で話していた、1億円を児童施設へ寄付したという御婦人は、尊い。

そして自分が食べるよりも他の人(お客さん)に食べさせてあげる店長も、尊いんだ。

どちらも尊い布施行だったんだなぁ。


私はずっと
「自分の食事中にお客さんが来て嫌な顔をするくらいなら、店を準備中にしてちゃんと食事すればいいのに」
と思ってきた。

うちの店長は少しでも多く稼ぐために絶対に準備中にしない、強欲な人だと思ってきた。

確かにその見方ができる。
でも、

何時だろうと来るお客さんは断らないで、いつでも食べさせてあげる人、という見方もできるんだ。

自分の食事が冷めても、他の人に温かい食事を提供してあげる人、という見方も。

それについても「仕事なんだから当然」という見方も「布施行」という見方も。

店長はお金が全てだと言うけれど、
ならばお金のおかげでその布施行をできるのだという見方もできる。

強欲な人か尊い人かなんて、本当にただ自分の見方次第だ。

肯定的に見る癖をもっともっとつけていきたい。
私が目指すのは相手を正すことではなく、心を癒していくこと。

そのために欠かせないのはやっぱり礼拝行。
良いところを見つけて肯定し、賛讃していくこと。

コメント
コメントする








    

calendar

S M T W T F S
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930 
<< November 2018 >>

selected entries

categories

archives

recommend

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM