自分の基準値を変える

  • 2017.04.03 Monday
  • 16:19
「早く帰りたい(9時くらい)と思って結局帰れなかった、
翌日、今日は早く帰りたいと思ったけど帰れなかった、
また翌日、今日こそ早く帰りたいと思ったけどやっぱり帰れなかった…、

よしわかった今日は11時までみっちりやる!」

そんな開き直りって素晴らしい。笑


9時に帰るのを基準にすると、9時に帰れないことが嫌になるけど、
11時に帰るのを基準にすると、本当に11時になっても嫌悪感は少ないし、
もし10時に帰れればむしろ1時間のお得感を味わえる。
9時に帰れたりしたら超ラッキー!な気分を味わえる。


基準値を変える、かぁ。
なるほど。わかりやすい言い方。

私は昨夜から花粉症の悪化で目の奥がだいぶ痛いのだけど、
目が痛いのは確かにつらい。超つらい。

次男は熱を出すと目が痛くなるのだけど、ああこんなにつらいんだなぁと次男に思いを馳せた。

で、基準値を変えることについて考えていたら、

いま目が痛い私は、普段は目が痛くないことを基準に生活している。

じゃあもし目が痛いことが基準だったら、
目が痛くないことって奇跡だよね!!

目が見えるのを当たり前の基準にして過ごしているけど、
目が見えない人の基準からすれば、目が見えるのは奇跡。

自分の足で歩くことを基準にして、考えるまでもなく当然に歩いているけれど、
足が無い人や義足の人の基準からすれば、自分の足で歩けるのは奇跡。

幸せってやっぱり、自分の心が決めるんだね。

自分の基準値がどこにあるかで、不満か感謝かは変わるんだね。

人間の死亡率は100パーセント。
極端な話、死ぬことが基準だったら、
生きていることってやっぱり奇跡だよね。

『奇跡が生んだこの星で起こる全て
奇跡以外あり得ないだろう』

というRADの歌詞が頭を過りました。



花粉症はつらい。
めちゃめちゃつらい。
それは変わらない。

だけど、

花粉症の起きていない状態を基準にすると、なおさらつらさが引き立つ気がする。

ならばいっそ花粉症の状態を基準にして考えたら、花粉症が起きていない状態は奇跡だね!


実は私は寒い冬が大嫌いなんですが、
その寒い冬を基準にすれば、春夏秋によりいっそう幸せを感じられそうです。

そしてそれは、寒い冬があるからこそ感じられること。
春の暖かさに幸せを感じるのは、冬が寒いおかげですもんね。

日本の四季ってほんと、
いいものだなぁぁ。


コメント
コメントする








    

calendar

S M T W T F S
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
<< May 2018 >>

selected entries

categories

archives

recommend

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM