見守ってくれている実感

  • 2017.04.26 Wednesday
  • 18:36

やるしかない、となれば人間、けっこうできる。

と改めてまた実感してきました。
今朝の続きで、高スペックな口内炎のため断食&筆談中の私。

でも仕事となれば、お客さまに対しては、普段通りに接客してきました。

痛みを忘れるというか、慣れて順応したというか。
まぁ忙しくてそれどころじゃなかったおかげです。

だから仕事が終わるとヒーッと痛くなりました。笑



月曜日にくまちゃんが来たらしく、差し入れが置いてありました。

(いつも月曜日は出勤だけど、今回の月火は勉強に行くため休み。
そして私の口内炎は日曜日の夜発生。これも奇縁。)

差し入れは、
栄養補給タイプの1日分のビタミン配合ゼリー。


…思うんですよ…こういう時…

口内炎という苦を活かして感謝に変えよう、という考えになった直後、

偶然まるで口内炎の私のためであるような最適な差し入れという「縁」に出会う…

(ちなみに家族以外に私の口内炎を知る人間はいません。)

以前もそう。
決意を口に出した直後、まるでそれを試すようにSさんが入院し、
そこで新たな覚悟や気付きを得た直後、まるで見計らったかのように退院。

しかもこれ似たようなのもう一回あって、再度Sさん入院、
私がすぐに別の気付きを得たら、Sさんもすぐに退院した。

また、私が勉強に行く日(24日)と、子どもの授業参観が重なって、頼もうとした母までもが月に1度の用事と重なるという奇縁。

そこで、自分が勉強に行けるか行けないかよりも、まず子どもの気持ちを聴いて汲み取ることが大事だと学んだその直後、
それらを知らない旦那が「24日が休みになった」と言う。

結局、旦那が授業参観を担ってくれたおかげで、私はたくさんの気付きと学びと心構えを得て勉強に臨めました。
(その勉強は、私の今後の人生に特に欠かせない勉強なんです。)


もちろん偶然と言えば偶然なんだけど、こういうのが書ききれないほど最近多い。

だから…マジで私のこと見てますよね?って。

神仏って実は本当に居るんじゃないの?って。

神仏とは姿形のある存在ではなく、この世界の「はたらき」だと思ってた。
エネルギーとか、理(ことわり)とか。

でも、間近でバッチリ見てたとしか思えないような奇跡やタイミングが、
仏教を勉強するようになってから、多すぎる。

それは、実はこれまでもあったけど気付かなかっただけで、
今は感度が上がって気付ける私になっただけなのかもしれない。

目に見えないし、どんな存在なのかも全くわからないけれど、

ああ、本当に見てくれてるんだ。

良いことも悪いことも「お天道様が見てるよ」って、本当なんだ。

って思います。

いや、お天道様というより、もう空気とか大気なんじゃないか?ってくらい、
「それ」はそこらじゅうに満ちていて、常に把握している。見通している。

そして試したり助けたりしてくれている意思のようなものを、なんだか感じる私です。



でも実際に差し入れをくれたのは、くまちゃん。

どうもありがとう。
むちゃくちゃ嬉しかったです。

くまちゃんの頭の良さというか賢さは、すごいと思う。

いま教習所に通っているらしく、仮免は取ったとか。

店長から聞いたけど、

「人の運転で乗ってる時は周りがよく見えた。
自分で運転してみたら、目の前しか見えない。」

と言ってたらしい…!深い…!

そういうことに気が付くから君は賢いと思う。

まさにそうだよね。車の運転に限らず、

人のことは良く見える。
自分のことはほとんど見えない。

人に起きている事なら全体的に見えるのに、
自分に起きている事は目の前の表面的なものしか見えない。

なぜなら自分は自分と近すぎるから。

でもそれがわかってくると、
自分と少しだけ離れて、自分を客観的に見られるようになる。

自分という執着を離れ、自分が二人いるような、騒ぐ自分の心と、それを冷静に見つめて分析する自分がいる。

自分自身を自分で俯瞰するということ。

35年近くかかったけど、私ようやく少しわかってきたよ。

(ちなみにお釈迦様が悟りを開かれたのは、34歳なんですってよ。)



縁があるたびにくまちゃんは、私が大事なことに気付くキッカケをくれる。
機会があればじっくりと話してみたいもんです。

 

 

 

 

【追記】

 

上記で「空気とか大気」と私は書いたけど、

私の師は「電波」と表現されていたことを知りました。

 

そこらじゅうに充満しているのだけど、

自分がチャンネルを合わせないと、見ることはできない。

 

自分の生き方を、この宇宙の真理に合わせること。

そうすると神仏のはからいを、ありありと感じられるようになると。

 

なるほどなぁ〜。

 

じゃあ私も少しは、真理に添った生き方に、近づけたのかな?

そうだといいな。

 

 

 

 

コメント
コメントする








    

calendar

S M T W T F S
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
<< May 2018 >>

selected entries

categories

archives

recommend

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM