実はマイホーム計画中2

  • 2017.05.02 Tuesday
  • 11:42

 

去年の10月に、間取りとか色々は決まったんです。

そこから工務店さんとか土木事務所さんとかが、
ここがダメ、やり直し、今度ここがダメ、やり直し、
って何度も何度も書類上のやりとりをしていたらしく、


「まだ確認申請がおりないんです」と言われて、気がつけば5月ですわ。

当初の計画では、そろそろ出来上がってきてて、
夏休みに引っ越せるとか何とか聞いた覚えが。笑

前にも書いたように、それについては何も思ってはいないんですが、

まがりなりにも私は仏教徒。
全て自分に課す生き方を実践したいわけですので、

目の前の現象から自分が何を学ぶのか。

「間取りが出来ているのに、実際に家が建たない現象」。

私はこの現象を、
「頭で勉強はしているのに、実際に行動が伴わない自分」と捉えました。

勉強はしています。意欲もあります。
しかし私は大事なことをしていないんです。

 

御供養です…。


私は仏教の哲学ばかりを学んで、
実際に仏さまご先祖さまへ御供養をしていないんです。

本来なら毎日、朝は誓願、夕は感謝であげさせていただく御供養。
お経もそうですが、飯・水・茶すらあげていません。

そして、そう気付いてからもなかなか、「わかっちゃいるけどできない自分」。

「学ばかりで、行がない自分」。

まさに「図面ばかりで、建たない家」みたい。



「お前、家のことどう思ってる?」と若干キレ気味な旦那さまや、

「ねぇ、家ってどうなってるの…」とテンションだだ下がりな子供たちを見て、

ようやく「全て自分に課す」ということが腑に落ちた私。

心機一転、毎日朝夕の御供養を始めました。

って言いたいですが、
ごめんなさい、せめて水とお茶をあげて合掌、礼拝するようにしました。

こういうのは気持ちが大事。という言い訳。

 

でも完璧にできるかできないかを重要視するのでなく、

完璧を目指しつつ、今できることを精一杯やるのが大事だと思います。



そしたら旦那さまから

「工務店から連絡あって、ようやく確認申請がおりたって」


キター(・∀・)



最近こういうの本当に多いので、
「ですよね〜…」
という気持ちです。

すみませんでした…

心を込めて、できる範囲で御供養いたします。



家は、住めればいい。
大事なのは、中で暮らす家族が幸せであること。

今は古くてボロくて時々雨漏りもする家だけど、
子どもちは「ずっとこの家でいい」と言ってくれました。

それでも引っ越さなければならない事情があるので仕方ないんですが、
それがマイホーム新築の道へと繋がった。

ありがたく努力しようと思います。





って打ってたら、ちょうどお客さんが来ました。

その人は「命の次に大事なお金」というワードを口にされてましたが、

その後にこう言ってました。

「私はね、生活が苦しかった時期もあったけど、
お金がなくて貧乏で喧嘩もしているなんて、惨めでしょう。
だから私、言ったの。
『お父さん、お金がなくて貧乏でも、喧嘩はしないでいようね』って。」

そこからご主人とは喧嘩が少なくなり、穏やかになれたそうです。

「命の次にお金が大事」と言った人がです。

すごい。

私は、幸いお金には大きな苦労がないので執着も目立っていませんが、
何らかの理由で生活が苦しくなっても、心だけは穏やかに暮らせる私でありたい。

たとえお金がなくても、
たとえ事故で動けなくなっても、
たとえ病気で声が出なくなっても、
目の前にいる人に、感謝で笑顔を向けられる人でありたい。

無財の七施の中で出来ることをしたい。



頑張って建てたとしても、何らかの理由で家族から笑顔が消えるなら、

家に執着なんかしない。手放したっていい。
家を建てるのは、家族の笑顔のため。

うん。

忘れちゃいけない。

 

 

 

コメント
コメントする








    

calendar

S M T W T F S
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031     
<< July 2017 >>

selected entries

categories

archives

recommend

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM