仏教が教えてくれるのは、心が脱皮して成長する方法だと思う

  • 2017.05.16 Tuesday
  • 08:00
仏教は、というか信仰は、

自己の中を探検することだと思う。

それまで気がつかなかった自分に気づく。

こんな自分もいたのだと見つける。

自分の顔は鏡がないと見えないように、
自分の心は相手がいないと見えない。

相手に対し、物事に対し、現象に対し、
自分の心がどう反応したかで自分の心を知れる。

そして成長する。
自己が高まっていく。

高まるというか、
余分な「我」が脱げていって、本来の純粋な自分へ到達していくというか、
還っていくというか。


生きてきた中で知らず知らず縛られていた、鎖みたいな価値観や固定観念を、

気持ちよくほどいていってくれる。

自由にしてくれる。

自分を活かす道を教えてくれる。


今の自分は、自由で伸び伸びとして、
なんでもなくても楽しく、安心していて、随所に喜びがある。

そして、鎖でがんじがらめになっているような人をほっとけず、
何かしてあげたい、させていただきたいと思う。


自分を縛る鎖をほどくというよりも、
窮屈になった皮を脱いでもっと大きくなる、脱皮というほうが近いかも。


私は心理学とかは特に学んでいないけれども、
ことあるごとに、自分の心がどんどん脱皮していくのがわかる。

見栄っ張りの皮を脱いだ。

人と違うことを怖れる皮を脱いだ。

自分を卑下する皮を脱いだ。

受け身ばかりで自ら動かない皮を脱いだ。

まだまだある。
まだまだ脱皮できると思う。
わくわくする。

脱皮するたびに私は自由になり、成長を感じて嬉しくて清々しくなる。



今なかなか難しそうなのが、驕り。

つい、自分は「知っている」という傲慢。

まだまだ私は知らないものばかりだというのに、
うっかり、相手よりも自分は知っていると思ってしまう。

私の師は、
「苦しみに耐えるより、傲慢にならないほうが難しい。それが本当の忍耐。」
という感じのことを言いました。

苦しいことを耐えるよりも、
褒められて調子に乗ったり、自分の力に自惚れたり、傲慢になって上から目線になったり、
そうならないように耐えるほうが難しい、と。

いやまさに本当にその通りだと、私はこの言葉を励みにしています。

自分を卑下していた頃とは真逆の悩み。

謙虚でいたいです。


コメント
コメントする