お客さんからの言葉

  • 2017.11.22 Wednesday
  • 23:51

 

「お姉さん、よく働くねぇ。見ていて気持ちがいいわ。」


今日、店内満席でてんてこまいの中、会計時にお客様からそうお声をかけていただきました。

過去にも「めっちゃ働くねぇ」「体大事にしてね」「なんでそんなに一生懸命働くんですか?」という声をいただいたことがあるけれど、

「見ていて気持ちがいい」

そんな言葉、初めていただきました。
すごく嬉しかった。

実はその2時間前には、従業員同士で店長への不満を吐き出し合い、
「お互い『こんな環境で私達って可哀想』ではなく、『こんな環境でも頑張り続けている私達ってスゴイ!』と思おう!」
なんて言って励まし合っていたのだけれど、

「よく働くねぇ。見ていて気持ちがいいわ。」

そんな素敵な言葉をいただけたのは、考えたら店長のおかげなんだなぁと気が付きました。

常識的にはツッコミ所満載の「とにかく働きたくない店長」なので、私達は言いたいことは挙げれば山ほどあるのだけれども、

逆を言えば、そんな店長だからこそ私達は鍛えられ、成長できたのかもしれない。
こういう状況じゃなかったら、果たして私はここまで努力できただろうか。

そういう意味で、あの店長は人を育てる能力に長けている人なのかもしれない…!

と思ったのでした。

失礼か。笑

 

ツッコミ所は満載だけども、でもたくさん感謝しております。

 


先週、春から始まった全12回の研修が全て終わりました。

全て受講することができ、修了課題を提出することができ、
自分のあまりの未熟さに打ちのめされて、もう嫌になった時もありながら、
今、ますます仏教って凄い、深い、面白い、と思っている前向きな私がいます。

そして、2年前からずっと挑戦したいと願っていた、カウンセラー養成講座への道が現れてくれた。

入学試験ならぬ入講試験は、約2ヶ月後。

準備万端どころか、何を準備すればよいのかすらわかっておりません。笑

だけど、家族が応援してくれているから、もし合格したら精一杯取り組むだけ。

もし落ちたら、まだ時期ではないということだから、次の機会に再挑戦するだけ。



先日、娘から、
「ママの考える『寄り添う』って、何?」
という質問がありました。

その日ちょっと学校を休んだ娘に私は
「まさに今日、あなたに寄り添っているつもり」
と答えたのだけど、

それに対して娘から反ってきた言葉は、

「私に言わせれば今日のママは、寄り添うというより、背中を押してる。

寄り添うって、アドバイスなんかせずにただ相手の話を聞くことなんじゃないの」

と。

衝撃でした。
この子は、凄いなと。

そして私は、肝心の寄り添うことを飛び越えて先走り、背中を押してしまっていたのだと、娘から教えてもらいました。
そう、すぐ突っ走るんだよ私…。反省。

少しは仏教をかじらせてもらったおかげで、自分の心を磨くこと(自行)と、人のために尽くすこと(化他行)を学んだつもりでいても、肝心の実践となるとてんでまだまだ…。

傾聴と共感、とはよく耳にするものの、それに徹することの難しさ。

だけど、会得したい。
それができる私になりたい。

今、そんな感じです。

 

 

コメント
コメントする








    

calendar

S M T W T F S
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30      
<< September 2018 >>

selected entries

categories

archives

recommend

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM