1年たちました

  • 2018.12.07 Friday
  • 01:54

 

お久しぶりです。

 

1年ぶりです。

 

わ〜もう1年たつの!という思いと、ええ!?まだ1年なの!?という思い、そんな矛盾の中に今います。

 

書きたいことは山盛りなんですが、時間がない…ということにして、本当は書く勇気がなかったんだろうと思います。

 

この1年、またけっこう盛りだくさんでなかなか密度も高く、とても楽しかったです。

大きな事としては、2017年の終わりに家が完成して引っ越したこと、

個人的な大きな事としては、音楽仲間ができて、セッションを楽しむことができたこと。

 

人生めっちゃ楽しんでる風なことを、今は書けると思います。

 

でも、これを書かずには進めない…

 

試験がどうなったのか。

 

あんなに色々言っておいて、

 

まさか受験をドタキャンしたなんて。

 

情けなくて、情けなくて、今日まで書けなかったです。

 

受験の3日前くらいに、車で雪の山道の運転を急いでしまった私は、スリップ事故を起こしました。

といっても事故は大したことないんですが、

その状況が、まさに今の自分である気がして。

気が急いて、必要以上にスピードを出して、試験にまっしぐらに突っ込もうとして。

 

大事なことは、本当にそこにあったのかしら?

 

車は雪道をクルンッと半回転して、道路脇の消火栓に突っ込んで止まりました。

 

最初に感じたのは、

「ああ…、やっぱり止められた。いや…、止めてくれた。」

 

どこかほっと安心したのを覚えています。

車じゃなくて(車もだけど)、自分では止まれなかった私を、神仏が止めてくれたと感じたんです。

それはつまり、まだ早い、無理があると、自分でも感じていたということ。

 

車はすぐ廃車というほどではなかったけれど、あまり乗らないに越したことはないという感じで、電車、タクシー、それとも誰かに頼む…というのを考えはしたものの、事故にほっとした自分を自覚してしまっては、もう試験会場へ行く気になりませんでした。

 

こうして試験の3日前で、辞退の電話をさせていただきました。

 

…この話を、やっと書けました。ほんと、アホだなぁ…。

 

周りは、「なんで!?行けばいいじゃん!」という反応から、まるで予期してたように「いいのよ大丈夫(にっこり)」という対応まで、さまざま。

特に子ども達は、あんなに応援してくれていたのに…、もう…、あの…、いいですかねもうこのへんで。泣

 

この事故の数日後には引っ越し準備が始まり、クリスマス頃から新居に住み始め、数週間後には新しい車(といっても中古車)に買い換えました。

 

あのとき、消火栓がもしなかったら、スピードが落ちないままだったら、

その先の崖から落ちていたかもしれない。あの高さなら、命も落としたかもしれない。

 

そして試験をもし受けていたら、毎月東京へ勉強に行っていたら、

人を救いたくて勉強したかったはずなのに、忙しすぎて文字通り心を亡くしたかもしれない。

 

都合の良い解釈だけれども、私はあの事故に感謝しています。

心身ともに私を止めてくれてありがとう。

 

 

 

 

 

 

でもやっぱ情っけない話ー!!笑

 

コメント
コメントする








    

calendar

S M T W T F S
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31      
<< March 2019 >>

selected entries

categories

archives

recommend

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM